ブラックジャックにおけるマーチンゲール法を考察

マーチンゲール法というギャンブル必勝法は、あまりにも有名ですが、このマーチンゲール法が使われるギャンブルは、主に「2分の1の確率で2倍の報酬がもらえるゲーム」で使用されます。オンラインカジノで言えば、これに当てはまる条件のゲームはルーレットの「赤か黒か」「偶数か奇数か」やバカラ、ブラックジャックなどです。今回の記事では、ブラックジャックでマーチンゲール法を使用する場合、どのような使い方をするべきか考察してみようと思います。


ブラックジャックはそもそも勝率が2分の1ではない

マーチンゲール法は、2分の1の確率で勝利できて、報酬が2倍もらえるという条件のゲームで使われることが多いシステムベット方です。そのやり方は、賭けに負けたら次の賭けでは賭け金を倍にしていき、元がとれるようにするというシンプルなものです。
しかし、よく考えてみると、ブラックジャックは勝ったときに賭け金が倍になって戻ってくるという部分は条件に当てはまりますが、プレイヤー側が勝てる確率が2分の1なのかというと、そうではありません。
ブラックジャックの勝率は、プレイヤーの技量によって変わってきます。勝率が50%以下でマーチンゲール法を行うのであれば、バカラやルーレットでマーチンゲール法を利用するのに比べて、リスクだけが高くなってしまいますので、あまりお勧めできないということになってしまいます。

ブラックジャックでマーチンゲール法を使うなら、ベーシックストラテジーを利用しよう

実は、ブラックジャックの勝率を2分の1に持っていく方法が存在します。それが、ベーシックストラテジーです。ベーシックストラテジーとは、「ディーラーの手札がこの条件で、プレイヤーの手札が、この条件だった場合は、この行動をする」というパターン別の決められた行動のことです。このベーシックストラテジーの通りにゲームをプレイすることによって、プレイヤーとディーラーの勝率は、ほぼ5分と5分になります。それでもやはり若干ディーラー側が有利なのですが、それは本当に誤差といえる範囲です。こうして、ベーシックストラテジーを使用することによって、初めてマーチンゲール法が生きてきます。

まとめ

自分の感覚でプレイしているプレイヤーには、ブラックジャックでマーチンゲール法を使用することをお勧めできません。なぜなら、ルーレットやバカラ程、純粋に勝率が2分の1ではないからです。ただし、ベーシックストラテジーを使用して勝率を5分5分に持っていった場合はマーチンゲール法が通常の効力を発揮するでしょう。そこからさらに、ライブゲームなどで、カードカウンティングなどを行い、少しでも勝率を上げる行動を起こすことができれば、他のゲームよりもマーチンゲール法がさらに有利になる可能性があります。