公営ギャンブルに勝るポイント

今、巷で盛り上がっているのゲームがあるとするなら、オンラインカジか一番人気でしょう。
オンラインカジノは、若い人が熱中しているオンラインゲームとは違い、ネットでできるギャンブルです。
そのために多くのギャンブラーがインターネットの世界でも賑わっています。

オンラインカジノに夢中になっている人達とは?

オンラインカジノに夢中になっている人達

カジノはギャンブルですが、ギャンブルと言えば身近な所でパチンコや競馬、競輪、ボートがあります。
これ等のギャンブルファンの人々だけがオンラインカジノにハマっているのかと思いきや決してそうではないのです。
今では、若いビジネスマンの人でも、空いている時間を上手に利用してオンラインカジノに励んでいる姿があります。

どうしてオンラインカジノで熱くなれる?

普段、全くパチンコに関心を持たなかった若いビジネスマンの人達がオンラインカジノに夢中になるのはそれなりの理由が考えられます。
一番のポイントは何と言っても、手軽にインターネットがつないで、しかもオンラインゲーム感覚でギャンブルができること。
ネットギャンブルなので、自宅でパソコンを開かなくても、スマホやタブレットだけでもカジノを十分に堪能できるのです。

誰もがスマホを使うようになってからインターネットの利用する機会が一気に増えています。
そのおかげで、オンラインカジノを主催する胴元も、サイトをパソコンからスマホ対応にシフトしてきたわけです。
これがさらに利用できる機会を増やして、オンラインカジノのプレイ人口が増えていると思われるのです。

スマホやタブレットがあれば、必ずしも自宅で賭けなくても外でプレイすることができますから、カフェにいる時や電車・バス通勤している時でも辛い時間がカジノで楽しくなります。
最近では、飛行機の中でもWi-Fiサービスが始まっていますし、カフェやファミレスでもWi-Fiスポットがあるので、ますます利用できるチャンスが広がって来るでしょう。

オッズが変わらない

オッズが変わらない

オッズ(配当)の方式も日本公営ギャンブルでは違う点が、オンラインカジノギャンブラーの心を掴んで離さないようになっています。
競馬ではオッズ発表と同時に自分が狙った馬に投票しますが、その時のオッズが10倍だったとして、投票締め切り後、馬への投票数があまりにも集中するとオッズそのものが下がってしまうことがあります。
レース終了後に、最終的なオッズが当初の10倍より下がり配当金が支払われることがありオッズの可変があり得るのが、日本の公営ギャンブルです。

これに比べて、オンラインカジノの出したオッズは変わりません。
競馬のオッズとは異なり、投票した時点でのオッズが、その後もしっかりと保持されるので、勝った時の配当率に適用されるのです。
そのためにオンラインカジノへの期待と信頼が高くなり多くのファンから親しまれるわけです。

ペイアウト率が高いことも人気の理由

実はオンラインカジノを副業としてやっている人がサラリーマンの間で増えていますが、これはギャンブルより稼げるチャンスがとても多いからです。
特に賭け金に対する還元率が高いことが挙げられます。

ペイアウト率とも呼んでいる還元率は、オンラインカジノで90%以上をキープしています。
ブラックジャックに至っては、99%以上になることも珍しくはありません。
一方で競馬やボート等の公営ギャンブルのペイアウト率を調べてみると、競馬や競輪で80%程度。あの宝くじになると、50%レベルになっているのです。
これを知ると、どれだけオンラインカジノの還元率がいいのかが分かることでしょう。

これはオンラインカジノのハウスエッジ(控除率)が低いことが大きな要因で、掛け金=還元金+控除金という構図を見ると、控除率は胴元の賭け金総額に対する利益額の比率です。
競馬などの公営ギャンブルでは運営側の利益がとても高くペイアウト率が低くなっていますので、プレイヤーからすると、稼げるチャンスが少ないギャンブルなのです。
一方のオンラインカジノは、胴元が少ない利益率でカジノ運営をしていますので、控除率が低く還元率が高く、プレイヤーが稼ぎやすいというわけです。

ただギャンブルなので、100人中100人全てが儲かるわけではありませんので、間違いないようにしなければなりません。

オンラインカジノって、違法では?

オンラインカジノって、違法では?

カジノは国内では合法的なギャンブルではありません。
日本でOKなギャンブルは、競馬・競輪・競艇、そして宝くじ関係に限定されています。
カジノの類いは、今のところ、国内で行うと賭博罪の対象となってしまいますが、オンラインカジノは違います。

運営されているのは国外で、海外サイトなので、プレイするにはそこまでアクセスをしなければなりません。
インターネットのために距離や時間関係なくプレイできて日本国内でギャンブルをしているように思えるのですが、決してそうではありません。
このことからオンラインカジノでプレイしても、賭博罪に問われることがないのです。

厳密に言うとオンラインカジノを規制する法律がないために、違法ではない反面、合法的でもないというグレーゾーン的な位置付けです。
いまだにオンラインカジノの合法性の議論に結論は出ていませんが、何れにしでも、オンラインカジノでプレイすることは、可能なことに間違いはありません。