安定した勝ちが狙える最良の選択肢

初めてギャンブルをした時に、予想外の大当たりを引き当ててしまいました。
いわゆるビギナーズラックです。
まさに、ハピネスな出来事といったところでしょうが、一旦大きな配当金をゲットしてしまったら、その魅力が忘れられず、後は闇雲に賭けていくパターンに陥り、負け続きになってしまうことがよくあります。
これが、ギャンブルの悪循環になってしまいます。

気軽にギャンブルができても、始める前にきちんと資金の上限を決めておいてプレイする習慣つけておくことが大切です。
そうはいっても、手軽にスマホでもできるオンラインカジノは、あまりにも簡単にエントリーできるので、かける場合はしっかりと攻略法をマスターしておきたいところです。

安定した勝ちが狙える最良の選択肢

オンラインカジノで使える代表的な攻略法

カジノで有名な攻略テクニックというと、マーチーゲール法、パーレー法、モンテカルロ法があります。
これは、ルーレットやブラックジャック、バカラ等のゲームで使える攻略法ですが、それぞれの特性を理解して使うことで、大きく結果が変わってきます。

夢の必勝法と言われるマーチンゲール法の効果とは?

夢の必勝法と言われるマーチンゲール法の効果とは?

マーチンゲール法は、倍掛け法と言われるカジノ攻略の中でも有名な攻略法です。
そのやり方は、初めの勝負で100円負けたら、次の回では2倍の200円を賭けていきます。
また、その勝負で負けたなら、さらに2倍の400円を賭けていくパターンを繰り返していく方法です。

言い換えると、 勝つまで2倍賭けを続ける考え方。
何度負けても最終的には、1回の勝利でそれまで負けていた損失分を一気に取り返すことができるという攻略法です。

これがカジノでの必勝法と呼ばれる所以なのですが、実際にはオンラインカジノのハイローラーの人達は、この方法を使っていることは、あまり多くはありません。
プレイ途中でマーチンゲール法を使うのを止めるのです。
その理由は、必勝法と呼ばれるマーチンゲール法のデメリットが起因しているからです。

マーチーゲール法では、連敗回数が増えると、それまでの賭け金の合計額が膨らんでしまう反面、勝った時に得られる利益は、最初に失った投資額分だけなのです。
一見、投資した額の増える分だけ、利益もドンと増えているように考えがちなのですが、過去の損失も増えているので、トータル的な利益は全く増えていません。
負けるほどリスクが高くなるだけで、取り返せる配当金は、一定レベルに留まっています。
これがマーチンゲール法の大きなデメリットと言えるのです。

連敗を重ねると始めの損失を取り戻すために、結果的に巨額な賭け金を投資しなくてはなりません。
一方で、初期投資額を増やしていくと、これも大きな損失を生んでしまうリスクとなります。
マーチンゲール法は、その性質上、勝つまで途中で降りることができず、莫大な資金が必要になっていくのです。

パーレー法

前項のマーチンゲール法は、負けた時に2倍賭けを連続的に続ける方式。
一方のパーレー法は、勝った次回はベット額を2倍にして賭ける方の攻略法です。
勝った時だけにベット額を上げていくので、リスクを抑えて投資することができるのが特徴です。

勝った後の2倍賭け方式なので、マーチンゲール法の逆パターンになることから、逆マーチンゲール法とも言われています。
勝った時だけ2倍の賭け金にするので、負けた次の回は一旦リセット、賭け金を始めの額にして賭け直します。
パーレー法は、負けた時に利益を失うだけなので、損失額は限定されてきます。

手堅い配当金を稼いで堅実に貯めていきたいのなら、パーレー法を使いながら、適度な連勝回数のパターン繰り返すことです。
言い換えると、連勝回数のストップのタイミングで決めて実行することで、トータル的な儲けを維持することになるのです。
ここは、欲張り過ぎず止めるタイミングをしっかりと見極めることが大切です。

普通、3回程度の連続勝ちを1サイクルとして、始めに戻るということが現実的です。
繰り返し続けることで、手堅く稼ぐことになるでしょう。
負けがベースとなるマーチンゲール法とパーレー法を組み合わせることで、さらに手堅い稼ぎ方も期待できます。

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、マーチンゲール法とは違い、1回の勝ちでそれまでの負け分を取り返すような方法ではありません。

この方法のメリットは、賭け金の上昇が緩やかになることで、テーブルのベットリミットや自己資金が尽きること問題点があまりないのです。
1回のセッションを全て終了させると、たいていはプラス収支で終ることも大きな特徴です。

モンテカルロ法

具体的には、ある規則性に基づき賭けていくのですが、その規則とは、「1、2、3」の数列を使います。
2倍~3倍の配当でも攻めることができるメリットがあるのですが、残念なことに賭け方がとても複雑なのが、難点です。
そのために、この攻略法を使うなら、ペンと紙を使って進めていくしかありません。

進め方としては、まず、紙に「1、2、3」と書き、これらの数字をベット基本単位として、両端の数字を足した額で賭けていきます。
最初は4を賭けて、負けた時は右端の数字の隣に「負けた時の賭け金額」を記入します。
勝った時に両端の数字から2つずつ合計4つの数を記入します。
この作業を基本的なパターンとして、以降はこのパターンの繰り返しです。

モンテカルロ法を使ってみると、1セッションの中で負けが多くなると、終了した時の利益が大きくなっています。
魔力的な力を持つモンテカルロ法はあまりにも複雑なので、慣れないうちは気が張りっぱなしですが、1セッション終了後は大きな利益を手にしていることがあるので、この方法の醍醐味は何とも言えません。