ヴィーナスポイントの有用性と不可避な欠点

最近では、ヴィーナスポイント(Venuspoint)を利用する方が増えています。
ヴィーナスポイントとは何かというと、エコペイズやアイウォレットのようなオンライン上の電子決済サービスと同じです。

今回は、このヴィーナスポイントについて、エコペイズとアイウォレットと異なる魅力を解説していきます。

オンラインカジノでは電子決済サービスが必須

オンラインカジノでは電子決済サービスが必須

特に電子決済サービスを利用するのが、オンラインカジノでは必須の要素となっています。
たとえばクレジットカードを使って入金したとしても、出金には受け取り用の口座を用意する必要があります。
しかしながら、ダイレクトに日本の銀行口座に出金することができません。
いったん、電子決済サービスの口座に入れて、そこから日本の口座に入れるという工程が求められます。

そこで、オンラインカジノを楽しむには電子決済サービスの利用が避けられません。

手数料で電子決済サービスを選ぶ

ここでどこのサービスを利用したら良いのか迷う人が多いです。
何を基準に決めるのが良いのかというと、やはり手数料です。
どの電子決済サービスを使うのかによって、手数料が変わります。

たとえば10万円を出金するときに、あるサービスでは1万円引かれるけれど、こちらでは5000円で済むなど普通にありえます。
手数料が倍以上変わってくるので、どのサービスを利用するのかは大事な問題です。

その上、電子決済サービスとそれぞれのオンラインカジノでは相性があります。

このサービスはあのオンラインカジノでは手数料が高いけれど、このオンラインカジノでは優遇されていて手数料が大幅に下がる、ということがあります。
自分が利用したいオンラインカジノと相性の良い電子決済サービスを使うことが大切です。

ヴィーナスポイントは手数料が安い

ヴィーナスポイントは手数料が安い

なかでもヴィーナスポイントは、一般に出金手数料が非常に安いことで人気を集めています。
最近では、日本人も利用することが多くなっています。

ヴィーナスポイントのウィークポイントは、それ自体への入金ができないことです。
つまり、最初はクレジットカードなど他の方法でオンラインカジノに入金しなければなりません。

入金手数料は0

オンラインカジノで勝ったら、そのお金をヴィーナスポイントに移行します。
ヴィーナスポイントでは、米ドルのみ扱っています。
移行した金額が1ドル=1ptで表示されます。

このポイントは、そのままオンラインカジノへの入金にも使えます。
このとき、入金手数料がかかることはありません。
ヴィーナスポイントにポイントを貯めて出金せずにとっておけば、入金に使えるというわけです。
これの何がメリットかというと、遊びたいオンラインカジノを変えるときに便利です。

ヴィーナスポイントは、他のオンラインカジノと共通ですから、ヴィーナスポイント上の残高を他のオンラインカジノにあてることができます。
もちろん、その場合も手数料がかかることはありません。

出金手数料が安いワケ

ヴィーナスポイントの出金手数料が安い理由は、海外からの送金ではないからです。
というのも、ヴィーナスポイントは、日本の銀行口座を保有しています。
他の電子決済サービスでは、海外口座からの送金となるために、手数料が高くつきます。
しかし、ヴィーナスポイントは日本口座から日本の自分の口座への出金となるので、手数料が抑えられます。

日本人に有利なのはこのためです。

登録が簡単

さらに、エコペイズやアイウォレットに比べて登録が簡単なのも人気のポイントです。
エコペイズではアカウントをグレードアップする必要があるなど、入出金にあたって、面倒を感じる人が多いです。
しかし、ヴィーナスポイントであれば、そういった煩わしさがありません。
1、2分で登録完了できた、という声が多いです。

素早い入出金

素早い入出金

ヴィーナスポイントは、出金スピードが非常に速いことでも知られています。
特に入金、出金に関する工程が少なく、最も速く達成できるのが魅力です。

たとえば、入金において最速なのは、オンラインカジノに直接クレジットカードで行う方法です。
この方法は確かに入金において最も手間がかからず速いのですが、エコペイズやアイウォレットでは、そのままだと出金できないというデメリットがありました。
なぜなら入金した口座にしか出金できない仕様だからです。

出金のためには、クレジットカードなどで電子決済口座に入金しなければなりません。
これは二度手間だということで、面倒を感じるユーザーが多いです。
しかし、ヴィーナスポイントであれば、入金した口座にしか出金できないという縛りがないので、クレジットカードで直接オンラインカジノに入金した場合でも、そのままヴィーナスポイントに出金することが可能です。