スロットマシンでジャックポットの確率を知るべき

スロットマシンでジャックポットの確率を知るべき
スロットマシンをプレイする人なら、誰しも夢見るジャックポット。

スロットマシン最大の大当たりであるジャックポットは、過去に40億円という驚愕の配当金を出したこともあります。

スロットマシンで大勝ちしたいなら、ジャックポットを狙わない手はありません。

この記事では、ジャックポットの確率について解説します。

ジャックポットが出る確率やスロットマシンごとの確率の差など、ジャックポットを狙う上で知っておくべき情報を取り上げます。

記事を読めば、スロットマシンの確率に関する話題の多くを占めるジャックポットの出現確率について、理解を深められるでしょう。

スロットマシンでジャックポットが出る確率

ジャックポットを目指すなら、その出現確率を知っておくことが何より重要です。
ジャックポットの出る確率と、配当金の額はスロットマシンごとに異なります。

平均すると、ジャックポットの出現確率は60万分の1、配当金が1200万円と言われています。
年末ジャンボ宝くじが当たる確率が2000万分の1と言われていますから、それに比べると当たりやすいと言えます。

具体的なジャックポットの出現確率も、いくつか紹介しましょう。
毎回巨額なジャックポットを出す「Megabucks」の確率は5000万分の1で、配当金は12億円です。

ジャックポットの配当金に幅がある「Money Storm」は確率が220万分の1で、配当金は100万円~500万円。
ジャックポットが出やすい「Double Diamond」は確率が4万6千分の1、配当金が25万円となっています。

3例からジャックポットの出現確率と配当金には、共通の関係があることが分かります。
配当金が多額になるほど、ジャックポットが出る確率は低いです。

Megabucksは日本の公営ギャンブルではありえない脅威の12億円以上の配当金が出ますが、出現確率は年末ジャンボ宝くじの2倍以上厳しい数値になっています。

しかし、宝くじでMegabucksと同額の配当金を得るには2度当選させる必要があるため、配当金も考慮するとMegabucksが極端に当たりにくいとは言えません。

また、Megabucksは、プレイヤーの掛け金の一部を次の配当金として回収する仕組みが採用されています。
この仕組みのおかげで、ジャックポットが出ない期間が長いほど配当金が増えていきます。

過去には積み重なったジャックポットが、40億円に達したこともありました。
重要なのは、ジャックポットが出ない間も出現確率は一定だったことです。

これから分かることは、高額配当が設定されているスロットマシンでジャックポットを狙う場合、当てるのに相当の資金が必要になるケースがあるということです。

あと何回まわせばジャックポットが出るかは、神のみぞ知るといったところでしょう。

回数を増やしてもジャックポットの確率は同じ

回数を増やしてもジャックポットの確率は同じ
ジャックポットを出すには、膨大な資金が必要になるケースもあると話ましたが、スロットマシンのプレイ回数とジャックポットの出現確率は完全に無関係です。

初回のプレイと100回目のプレイのジャックポッド出現確率は、まったく同じ数値になります。

実際、過去には1分間だけスロットマシンをプレイして、4億円のジャックポットが出たことがありました。
そのときの投入資金は、たった77セントでした。

ジャックポットがいつ出るか分からないのに、なぜ多くの軍資金が必要なのでしょうか。
それはスロットマシンを回さないと、ジャックポットにたどり着けないためです。

確かにMegabucksのような圧倒的に低い出現確率のスロットマシンでは、いくら資金を投入しても飲まれてしまいます。
しかし、出現確率が数万程度のスロットマシンなら、勝負できるケースがあります。

すでに3万回ほど回されていてジャックポットが出ておらず、手持ちの資金で2万回以上回せるなら挑戦してみる価値はあるでしょう。

ジャックポットが出る確率は毎回同じですが、それゆえに1回でも多く回せる資金力が重要になります。

次のプレイが目指すジャックポットである可能性は、常に否定できません。
確率が変わらないのにプレイ回数を増やす動機は、そこにあります。

ジャックポットの出やすい台を判別する

全てのスロットマシンが、ジャックポットの確率を明記しているわけではありません。
そんなときにジャックポットの出やすさを判断するには、通常の当たりの出やすさを調べます。

一般的に通常の当たりが出やすいスロットマシンはジャックポットが出にくく、逆に通常の当たりが出にくいものはジャックポットが出やすくなっています。
通常の当たりの出やすさを確認するには、配当金の最低倍率を調べます。

最低倍率が4倍以上に設定されているならば、通常の当たりは出にくいです。
通常の当たりが出やすいのは、最低倍率が2倍以下の場合です。

ジャックポットを狙うなら、通常の当たりが出にくいものを選びます。

通常の当たりが出やすいものは、プレイ時間を長くできますがジャックポットの出現確率が低いため大当たりは難しいです。
ジャックポットに一歩に近づくためにも、適切なスロットマシン選びが重要になります。

ジャックポット出現確率はどれでも同じ

ジャックポットを狙うなら、少しでも確率の良いスロットマシンを選びたいでしょう。
しかし、オンラインカジノのスロットマシンは、同じ機種なら全て同じジャックポット出現確率に設定されています。
そのためカジノを変えても、ジャックポットが出やすくなることはありません。

ジャックポット出現確率が共通なのは、オンラインカジノ間で公平な競争を実現するためです。
第三者機関が、スロットマシンの各種確率を決める乱数生成器を監査しているため、常に同じ確率になっています。

スロットマシンの機種が同じなら、全てのオンラインカジノで同一の確率が採用されているため、ジャックポットを狙ってカジノを巡る必要はありません。

マシンのジャックポット出現確率を理解して勝つ

マシンのジャックポット出現確率を理解して勝つ
スロットマシンは、プレイヤースキルが介入するところが無いため、運に依存するところが大きいと言われます。
しかし、今回解説したように、ジャックポット出現確率によって、スロットマシンの攻略方法は変わります。

小さく勝つなら、ジャックポットの出現確率は、低い方が好ましいです。
大きく勝ちたいなら、ジャックポットの確率は、高い方がいいでしょう。

また、大きな勝ちを狙う場合は、資金を飲まれるリスクを忘れてはいけません。
ジャックポットの出現確率を理解することで、スロットマシンの確率に関する部分を把握し、勝ちにつなげてください。